« 常設展示~夏季~ | トップページ | 法華寺 小池御流華展  »

2008年7月27日 (日)

八事山 興正寺

名古屋、八事にあります興正寺で、荒川奠生氏の三十六歌仙絵が、近々陳列されます。

森村記念館からは、森村宜永 昭和三十年代の作であります100号の大作の能画 「杜若」、「巴」 の2点を寄贈しております。現在、興正寺の新しく完成しました‘普照殿’入り口近くで展示されています。

9月の五重塔二百年祭(1808年建立、愛知県では唯一残っている木造の五重の塔)には、館長・森村宜高の五重塔建立絵巻が完成展示される予定です。

興正寺は、地下鉄八事駅から歩いてすぐのところにあります、毎月5日、13日の縁日には大勢の参拝者が集まり、大変賑やかです。境内は広大で、自然も多く残っており、ゆっくり散策も楽しめます。

八事山興正寺  

興正寺 (名古屋市) - Wikipedia

|

« 常設展示~夏季~ | トップページ | 法華寺 小池御流華展  »

★ イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八事山 興正寺:

« 常設展示~夏季~ | トップページ | 法華寺 小池御流華展  »