« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月29日 (水)

いつやるか? 今でしょ! 日本画家 林雲鳳

 いつやるか? 今でしょ! 

のフレーズで有名な進学塾講師 林修 先生は、名古屋出身。

林先生のおじいさまは、昭和の日本画家 林雲鳳(うんぽう)画伯でいらっしゃいます。

林雲鳳氏は、名古屋で、先々代 森村宜稲(ぎとう)主宰 稲香画塾(とうこう がじゅく)入門し、東京 根津の家に下宿し、松岡映丘にまなびました。

稲香画塾は、宜稲が、宜稲の”稲”の文字と、”香”をつけて命名しました。宜稲、宜永から、現館長 宜高と、三代続く日本画塾です。

森村記念館に、林雲鳳氏が若い頃に描いた絵が残っていますので、近々展示する機会があればと思います。

またこちらでご連絡いたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏画「一本松と地蔵菩薩」 東日本大震災 被災地支援 

少し前ですが、東日本大震災の被災地 陸前高田市に、

仏画 「 一本松と地蔵菩薩 」

義捐金とともに寄贈をいたしました。

名古屋の中日新聞に取材していただきました。

ありがとうございます。

20120203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

大和絵 稲香画塾 東京 根津

大和絵(やまとえ)のお稽古をはじめませんか?

 大和絵 

 稲香画塾 (とうこう がじゅく) 

 東京 根津(千代田線 根津駅 徒歩5分)  

 墨絵、色絵、写生、模写など  

6月のお稽古日は、6月8日、9日、10日(土日月)です。

7月のお稽古日は、7月13日、14日、15日(土日月)です。

時間は、10時~17時です。(月曜日は16時まで)

場所は、根津神社のすぐ近くです。

詳細は森村記念館までお問い合わせください。

ぜひ見学にいらしてください

P1040052s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書道 玄之会 名古屋

書道のお稽古をはじめませんか?

 書道 

 

 日展理事 黒野清宇先生 主宰 

 玄之会(げんし)  

  理事長 日展会友 
 渡邊 笙鶴 (ワタナベ ショウカク) 講師
 

ぜひ森村記念館まで見学にいらしてください

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志野流 香道 初音の会 名古屋

香道(こうどう)のお稽古をはじめませんか?

 志野流 香道 

 初音の会 

  初音の会 主宰 
 荻須 昭大(オギス テルヒロ) 講師 

ぜひ森村記念館まで見学にいらしてください

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

茶華道ニュース

茶道、華道のお稽古されているかたも、そうでないかたも、

茶華道ニュース

という、茶華道界に関する専門紙、ご存知ですか?

去年になりますが、寄稿させていただきました!

館長 森村

201311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

!!河村たかし名古屋市長 来館!!

!!河村たかし名古屋市長 来館!!

先日、河村たかし名古屋市長に、お忙しい中、来館していただき、お茶を点てさせていただきました。

喜んでいただけて、嬉しく思いました!

お体に気をつけて、がんばってください!!

館長 森村

Dscf1007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日やまと絵教室  かぶとを描く会 名古屋 桑山美術館

桑山美術館は、名古屋にあります美術館です。

日本画や茶道具を中心に、日本洋画、現代陶芸など幅広く所蔵してらっしゃいます。

このたび、桑山美術館で、一日やまと絵教室を開かせていただくことになりました。

桑山美術館主催

一日やまと絵教室~かぶとを描く会~

5月26日(日)

13:00~15:00

講師 森村記念館館長 森村宜高

会費 2500円(入館料、材料費込)

持ち物;エプロンなど

筆、絵の具は用意してございます

申し込みは桑山美術館(052‐763‐5188)までお願いいたします。

いままで絵筆をとったことがない方も参加いただけます。


とても楽しみにしています。

よろしくお願いします。

館長 森村

Dscf1092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~特別展 百花繚乱~ 東京 山種美術館 

東京にあります山種美術館は、日本画の専門美術館です。

素晴らしい日本画をたくさん所蔵していらっしゃいます。

山種美術館

特別展 百花繚乱

2013年4月6日(土)~6月2日(日)

森村宜永 画 「夕顔」 源氏物語より を、展示していただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和絵 森村記念館 初夏 展覧会

大和絵 森村記念館 展覧会のご連絡いたします

初夏 展覧 

近代書歌人から御歌所歌人たち

7月21日(日)まで

江戸末から明治にかけて、万葉集や古事記などが研究され和歌が盛んに詠まれ、上代仮名を復活する流れが生まれました。

国学といわれるわが国の成立や文化の流れを研究する学者が、徳川幕府の根底を揺るがす海外からの圧力とともに尊王思想を生み、その中心となりました。

明治となって天皇制が確立すると、文化発信の先導役としても和歌が重きをなし、宮中に御歌所ができ歌人が書家を兼ねて活躍し始めました。

このたび、明治時代に王朝文化を再現した御歌所、その時代に活躍した歌人や書家の作品を展観しております。

Dscf1094

Dscf1093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »