« 名古屋 遠州流茶道 遠州茶会 | トップページ | ~特別展 百花繚乱~ 東京 山種美術館  »

2013年5月 6日 (月)

大和絵 森村記念館 初夏 展覧会

大和絵 森村記念館 展覧会のご連絡いたします

初夏 展覧 

近代書歌人から御歌所歌人たち

7月21日(日)まで

江戸末から明治にかけて、万葉集や古事記などが研究され和歌が盛んに詠まれ、上代仮名を復活する流れが生まれました。

国学といわれるわが国の成立や文化の流れを研究する学者が、徳川幕府の根底を揺るがす海外からの圧力とともに尊王思想を生み、その中心となりました。

明治となって天皇制が確立すると、文化発信の先導役としても和歌が重きをなし、宮中に御歌所ができ歌人が書家を兼ねて活躍し始めました。

このたび、明治時代に王朝文化を再現した御歌所、その時代に活躍した歌人や書家の作品を展観しております。

Dscf1094

Dscf1093

|

« 名古屋 遠州流茶道 遠州茶会 | トップページ | ~特別展 百花繚乱~ 東京 山種美術館  »

★ 展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大和絵 森村記念館 初夏 展覧会:

« 名古屋 遠州流茶道 遠州茶会 | トップページ | ~特別展 百花繚乱~ 東京 山種美術館  »